心の日記

京都在住なので京都のネタを書く。

天才と凡人、そして人付き合い

世の中とんでもない才能を持った人が少なからずいます。しかし、すべての人が才能を認められるわけではありません。中には世に才能が出ずにその生涯を閉じるものもいます。その代表といえば、稀代の天才画家といわれるゴッホです。彼は生前は全く評価されず、彼の死後に絵が評価されたそうです。このように才能があれど、正当に評価されないことが現在の世の中ではほとんどです。

結局人とのつながりが大事ということ

天才は孤独という話を聞いたことがあるかもしれません。あれは考え方や価値観が周りを合わないための孤独です。実は天才も人とのつながりを持って成功している人がほとんどです。しかし、凡人と呼ばれる人と違うのは、天才はその分野で他人を魅了するものを持っているため、人を引き付け、自然とそこに人間関係が生まれるのです。天才も一人で成功しているのではありません。

天才は全体の1パーセントといわれています。つまり残りの99%の凡人は一人で何かをしようとしても、限られるものがあります。例えば、仕事で営業成績が今まで伸びていたのに突然伸び悩み、伸ばし方を調べてみても分からない、、そんなときほとんどの人は同僚や上司に相談し、他人から「盗む」という作業をしてヒントを得ます。つまり、実際の人との付き合いが自分の能力の底上げに大きく関係してくるのです。

ほとんどの人は中身のない愚かな付き合いをする

凡人の中にもただ集団でいることに安心感を覚えるだけの無駄な付き合いをする人たちがいます。大人数でいればそれだけで自分が人とのつながりを手に入れていると勘違いしている人です。私は大勢の飲み会が大嫌いです。あれほどの大人数の飲み会で、個人の内面を探るのはほぼ不可能です。ですから私は飲みに誘われても4人までという条件で飲んでいました。ただでさえ才能がないのに、周りの空気に溶け込むだけで思考停止している人は年を取るにつれて苦しくなっていくことは間違いないでしょう。頭のパワーががなくなっていくのですから。

人との出会いは正直運要素が強い

親友と出会うなどといいますが親友は、知能、性格、好み、生活感、物の価値すべてが合う人のことを言います。これで考えると親友と出会う確率などゼロに等しいです。また、気の合う人など自分がなんとなく出判断するのはかなり難しいです。

しかし、親友もしくは気が合う人を探す感覚を鍛えることこそが中身の濃い付き合いとなると思います。それは他人の複雑な感情をかいくぐり、この人の本質を見抜くことが出来るということです。この本質を見抜く能力こそ、他人との関係を調整し、中身のある付き合いをすることが出来ると私は考えています。また、これは自分自身の能力の底上げになります。人間を考えるということは、ほかのことでも応用が利くようになるからです。

我々凡人が成長するためには中身の薄い付き合いをしてはいけない。そのためには他人の揺るがない根本部分を見抜く練習をすること。またそのためには、できるだけ一人を集中的にみるということです。