心の日記

京都在住なので京都のネタを書く。

京都に住むと毎日が観光

sumuto

京都タワー、寺社仏閣の、陰埋もれ、、、どうもgorihisaです。

本当に京都って観光地が多いですよね。皆さんは京都に来たらまずどこに行きたいですか?清水寺、嵐山、そして伏見稲荷etc、、、。うるせえどこに行っても京都なんて体感できるんじゃあ!!!

まあおそらく京都に観光に来て楽しくなかったなんて言うことはないでしょう。どこに行っても広いの境内に素晴らしい景観、そしておいしい食べ物を食べて観光満喫なんて考えるでしょう。まったく羨ましい限りですよ!私は京都に四年間住んでいると有名スポットなんて大体一回は必ず行ってしまうし、友達といっても「ここ前に来たことあるなあ」なんて周りが楽しくしている中一人でそんなこと考えている次第ですよ。

京都に住むと他県の観光スポットが大したことないように見えてしまう

もちろん他県には素晴らしい観光地はたくさんあります。紅葉だって長野や富山の内陸部にいけば峡谷などの絶景を拝むことができます。

しかし京都にすんでいると毎年のように紅葉の季節になると紅葉が素晴らしい色を奏で、春になると美しい桜が咲見だれ、それ以上に1100年もの歴史の積み重ねが、京都と言う町自体を観光スポットにしていることで、スケールの大きさでは負けても観光地としての歴史の重みがその場所にしかないため、どうしても感動し続けることができなくなってしまいます。


f:id:gorihisa:20190107213729j:image

それは神社や寺になるとなおのことです。京都にはそれぞれの地域に平安、そして鎌倉時代から存在する由緒ある場所が存在しており、どこよりもその数が圧倒的です。そのため、他県の寺社仏閣に行っても全く観光した気分にならないのです。

例えば、島根の出雲大社は観光地としてかなりの地位を築いていますが、敷地面積は下鴨神社よりも少し大きいくらいで周りには目立った観光地がありません。下鴨神社のそばには鴨川の落ち着く景観があり、さらに南西には京都御所があります。これらの立地の関係で下鴨神社には観光のバリエーションでは到底及ばないです。私が京都以外の神社で満足できる場所と言えば、伊勢神宮厳島神社だけだと思っています。伊勢神宮は外宮と内宮に別れる広大な敷地が神域となっているため、回るのに1日かかります。厳島神社は島自体が観光地として成立しているため、こちらもかなりの時間を観光に使えるからです。

京都は細かいところが目立たない

先ほど京都に飽きたようなことを書きましたが、それは有名な観光地に行きすぎた故です。京都には小さい寺や神社を数えると2500もの寺社が存在します。全国で一番多いのは実は京都ではありませんが、なの知れた歴史あるゆかりの地が余りにも多すぎるせいで隠れてしまうのです。京都を全部観光しようとするとおそらく数年はかかると思います。京都と言う観光地はそれほど奥が深くて底なしなのです。