心の日記

京都在住なので京都のネタを書く。

冬の訪れ

治験で訪れていた福岡のここは博多区住吉神社前です。道路沿いのイチョウ並木は半分ほどの葉を落葉させ、秋の終わりを告げていました。しかしイチョウの落葉は本当に美しいです。主要な町の大通にはこのようなイチョウ並木が存在しますがそのほとんどが一斉に落葉をはじめ、黄金色の絨毯を形成します。

イチョウは秋が深まると色づきの最盛期を迎え、初冬に入ると徐々に散り始める傾向にあります。しかし、落葉時はもみじのように色が枯れることはないため、地面に黄色の絨毯を作り、鮮やかな景色を作り出すのです。

 

福岡には大原のイチョウという絶景ポイントがあるそうです。来年も福岡を訪れて絶景を拝みながら秋の終わりを迎えたいです。