心の日記

京都在住なので京都のネタを書く。

個性って何ですか?? ※かなり偏った内容となっています

みんな違ってみんないいという言葉を聞いたことがあります。これはみんな違う個性をそれぞれ持っていてその中の長所を重んじようということです。最近アスペルガーADHD(注意欠陥性多動性障害)という脳の一部機能障害が世間に知れ渡り、発達障害に対する理解が世間にも定着しつつあるらしいですがこれらの人は、根本的に違う個性であり、悪い部分が目立つゆえに社会から自然に淘汰されるという恐ろしい事実に直面しているのです。

本当に個性がある人間は社会から懲罰を受ける

日本という国は個性を締め出す傾向にあります。この締め出すというのは、社会に適合できない人間は何も手助けすることなく、苦しんでいる姿をタダ傍観し、個性あふれる人間を追い詰めるということです。正確には自分じゃ扱いきれない人間はそのままシャットアウトしてしまい、個性ある人物にとっては荒野にひとり取り残された気分になる状態のことです。これらの本当の個性はこのようにして社会から追放されていくのです。

中にはこれを自滅という人もいます。確かに彼らは自分で勝手に被害妄想を膨らませることが多いです。しかしもとはというと、その人の本質を知ろうともせずに、ろくに人を見ようともせずに、表面だけで人を判断している多数派が原因なのではないのでしょうか。しかし、これでも人間というのは他人を理解せずに表面だけをなぞるという温床に浸ろうとするのです。本当に恐ろしい生き物、、、、、ですね、、、

世の中の大半の個性なんかちっぽけなものだ

世の中に適合しようとして自分の個性を押し殺して、、、、、ああ早く自由になりたい、、、自分の個性を生かしたい、、、、

本当に滑稽です。意味が分かりません。他人がすんなり受け入られるならそんなもの個性とは呼ばないです。日本のような本当に違う人間を締め出す冷たい社会ですんなり受け入れられたらそれは個性だはなくただの価値観・思考の類似です。昔、サークルで個性が売りの団体に所属していたことがありましたが、結局はみんな考えていることが似たり寄ったりで、少し違うと締め出していました。所詮世の中の個性定義なんてその程度のものです。

個性は共感ではなく理解するもの

皆さんが個性だと思っているのはたいていがよくありがちな身体的・精神的特徴です。見た目が個性的だとか、中身が変わっているだとか、そのような小さなことまで個性としてとらえます。するとアスペルガーといった生まれつきの脳機能障害を抱えている人たちは単なる頭がおかしい人たちに成り下がります。なぜこのようなことが起こるかはよく考えればわかります。それは自分が頭の中で処理しきれないことは、蚊帳の外に置くということを無意識に行っているからです。自分が補える範囲だけで共感しようとします。

今の日本社会、確かに人のことに構う余裕なんてないため、まして自分と明らかに違う人間の対応なんてできないのはわかっています。一刻も早く、ゆとりのある世の中になることを願うばかりです。