心の日記

京都在住なので京都のネタを書く。

貴船のライトアップ写真を白黒にしたらホラーになった

京都でも有名な紅葉スポット、そして避暑地でも知られる貴船神社。特に紅葉の時期は叡山電車から見るもみじのトンネルや夜のライトアップが美しく、連日観光客が後を絶ちません。

鳥居から山門までのこの灯篭の階段は貴船のシンボルでありよく雑誌やテレビでも取り上げられている映像です。

貴船神社は縁結びの神様を祭っているということで、多くのカップルが詰めかけてました。本宮のすぐ後ろにはお守り売り場があり、平均600~800円のお守りが販売してあります。

 

 

 

多くの観光客にしたしまれている貴船神社。このように本宮はきれいなライトアップでにぎわいます。

しかし、貴船の奥宮は全く違う雰囲気を持っています。

 

 

本宮から少し奥に進むとライトの数が減り、光量も少なくなるため道がわずかに照らされる状態になります。また、すぐ横の山が見晴らしが妙にいいので余計に恐ろしさを感じさせます。

 

二枚目はすぐ左の山を映したものです。本当に幽霊が出てきそうです。

貴船神社は観光地として有名になるまでは丑の刻参りという呪いの儀式が頻繁に行われていたそうです。なんでも自分が復讐したい人の名前を藁人形に書いて釘で気に打ち付けるとその相手を呪い殺すことが出来るそうな・・・

ちなみに丑の刻参りは目撃されると儀式が失敗してしまうため、目撃した人は命を狙われるという話もあります。

実際、奥宮の針葉樹にはたくさんの釘らしき跡がが残されていました。(夜のため暗くて撮影不可)現在でも月に1~2回ほど境内から釘を打ち付ける音が聞こえてくるそうです。

奥宮の横の門にはしっかりと松明た置かれており、火花を散らしていました。私は、ホラーゲームでしかこの光景を見たことがなかったので、感動しました。

中に入ると 舟形石がライトアップされており、少し安心しました。わざわざ丑の刻参りをしに深夜来ていた人たちは真っ暗の中わざわざ来て自分が怖くないのでしょうかと思うところです。

 

 

 長時間いると本当に何か出そうでってのでとっとと切り上げ、川床を眺めながら家路につきました。今度は勇気を振り絞って真夜中の貴船神社に行ってみようかな、、なんて、、、、、まあそんな度胸はおりません(笑)

 

 

 

貴船神社の情報
kifunejinja.jp