心の日記

京都在住なので京都のネタを書く。

南禅寺の紅葉は山門と壮大な音色を奏でる

禅宗の中でも最も格式の高い南禅寺。この時期になると紅葉がきれいに色どります。

 

 日本三大山門の一つである南禅寺の巨大な三門を背景にこのような風景が楽しむことが出来ます。

碁盤目状に道が作られ、その間に作られた紅葉が壮大な景色を織り成します。

すべて真っ赤に染まっているよりも、グラデーションが美しく感じます。

永観堂と違い、禅寺特有の大きな空間に木々が散らばっており、比較的解放感あふれる観光を楽しむことが出来ます。

三門の上から撮りました。方向は北西で、貴船や鞍馬の方向です。

こちらは北向きに取りました。銀閣寺方向です。

上から見ても紅葉の美しさが分かりますが、この見方なら完全に真っ赤の状態の方がきれいかもしれません。

東(山科方面)です。

南向きです。三条方面の町が一望できます。

しかし、近くでとる紅葉と遠くから見た紅葉は感じ方がかなり違いますね。

近くでとると風情と落ち着きを感じさせてくれ、遠くから見ると鮮やかさを感じさせてくれます。この独特の感じ方というものも日本人独特の感性なのでしょうか。

いずれにせよこの南禅寺は観光で得たい心の安らぎと満足感を両方得られると思います。永観堂ほど人がたまることもないので混雑が嫌いな方も満足いただけるでしょう。

 

 

 

臨済宗大本山 南禅寺

※詳しくはこちらを参照

 

 

 

 


gorihisa.hatenablog.com

南禅寺に来たからにはいくべき紅葉スポット!