前向きの憂鬱

京都在住。ふとした激動を大事に。観光シーズンには観光地の紹介もします。

自分はアスペルガーのグレーゾーンかもしれない

こんにちは、gorihisaです

久しぶりの更新です。

昨日一回目の治験が終わり、京都に戻ってきました。八泊九日という長い期間中で閉じ込められていたので久しぶりの外界に快感を覚えます。

今回ですが、最近世間一般でも知られるようになった発達障害に自分は当てはまるのではないかと感じるようになりました。

漢字、数字、色、人の名前を覚えるのが得意だった

とにかく意味のない文字列や、漢字の画数、そしてトンネルの長さなどを一度記憶するとするとほとんど忘れることはありませんでした。私の母によると、漢字を覚えすぎて漢字の王様と呼ばれるようになったそうです。また、キノコ図鑑にはまっていたころは、そのキノコの名前をすべて覚えたり、四国八十八か所のお寺の名前もすべて記憶していました。しかし、自分に興味がないことはさっぱりでした。幼稚園から勉強は大嫌いでとにかく集中力がなく、よく先生に怒られていました。

興味のないこと、印象が薄いものはすぐに意識からそれてしまうためにに忘れ物・紛失物が多い

たとえそれが必要なものであったとしても、それを使ってすることが興味ないもしくは嫌いなことだとすぐに忘れてしまいます。また必要であるにもかかわらず、それらのものの重要度が下がってしまうために意識からなくなり、なくすことが目立ちます。家のカギをなくしたり財布・携帯を落とすことなんてしょっちゅうです。

 

落ち着きがなく、人前にでると緊張しすぎてしまう

とにかく興味のない話は右から左に流れます。ですので学級会の先生の話の間は常に内職をして、母に怒られていました。人の言うことを聞けないので何回注意されても聞く耳持たずだったのを覚えています。しかし、怒られると不快感があるので自然と治っていきました。

また発表会の時は緊張しすぎて頭が必ず真っ白になりますが、いったん深呼吸をすると何とかうまくいきました。最近ではゼミの発表で緊張しすぎて文章の途中で咬みまくったのを覚えています。

小学校時代は暴力沙汰が絶えなかった

小学校は暴力事件に必ずかかわり、親まで呼ばれた記憶があります。また人をおちょくっては泣かせたり、意地悪をして怒らせたりしていました。しかし、まったく相手の感情に無頓着なわけでもないのです。やってる最中はやってはいけないとわかっており、やってしまった直後に反省するのですが、時すでに遅し、、、、、当然先生に怒られます。いつも先生に怒られるときは毎回「なんでわかってるのにするの!」でした。

定型発達と同じコミュニケーションを時々とることが出来る

アスペルガーは周りの空気を読むことが出来ないといわれていますが、私は空気を読むことはできます。しかし、周りと会話がかみ合う時とかみ合わないときの差が激しいのです。調子がいい時は会話が成立するのですが調子が悪いと一切かみ合わなくなります。おそらく人生で私を悩ませる最大の原因でしょう。

運動が苦手なわけではない

素手でボールを扱うスポーツは得意で足も速かったため、バレーやラグビーは得意でした。しかし、バトミントン、テニス、サッカー、野球は大の苦手でした。

 

上達速度は遅いが、一定期間を過ぎると急速に伸び始める

中学生の時、一年生の頃は全く成績が振るわなかったのが、二年生になると急激に伸び始めた記憶があります。またバイトでも半年は全く使い物にならなかったのに、突然伸び始め、こなす仕事量が大幅に増えました。しかし、ここでは自分がやりたいことと周りの考えが一致せずに辞めてしまいました。

自分は居酒屋のバイトをしていましたが正直全く向いていませんでした。にもかかわらず一年半も続けら、周りからそれなりに評価されたということは完全に発達障害ではないように思います。