心の日記

京都在住なので京都のネタを書く。

何が何でも京都に住み続ける

こんにちは。gorihisaです。

私は、初めて京都に行った小学校二年生からこよなく京都を愛してきました。そのため京都の大学に合格した時は本当にうれしい限りで、ほかの町では出すことのできない古都独特の雰囲気を出させてくれます。

 

 

 

小学二年生の時の嵐山

当時の私は、地元の徳島県から出たことがほとんどなく、初めての県外旅行にワクワクしていたのを覚えています。バスで淡路島、神戸、そして大阪都経由し、京都に到着すると、地元が田舎町であるのと江戸時代の京都を時代劇しか見ていなかったために京都の町の規模の大きさに圧倒されました。そして初めての観光が嵐山だったわけなのですが、トロッコから見る紅葉の景色、竹林の風景、そして桂川にかかる渡月橋、テレビで見た時代劇にタイムスリップしたようで将来ここに住みたいと思いました。

 

夢の京都暮らしへ

そして高校生の時に京都に行きたい一心で大学選びをしていると、担任の先生から「同志社大学の推薦があるから出してみないか。」といわれました。私は迷わず「はい!」といい推薦に出すことを決めました。その結果見事推薦が通り、京都の大学への進学が決まり、私は嬉しくて飛び跳ねました。

 

住んでみて分かった京都の最大の魅力

京都で学生生活を始めてから私は京都の魅力により取りつかれていくことになります。今まで行ったことのない観光地や、誰も知らない観光地にたくさん行きました。しかし、京都の魅力は私の中で留まることを知りません。一つ目は平安京の名残から道が碁盤目状になっていることです。非常に道が分かりやすく、方向音痴な私でもすぐに方角認識できるところです。二つ目はどこにいても京都らしさを消さないところです。京都市内の繁華街を歩いても京都本来の景観に合ったような街づくりがされており、仰々しく主張する建物もないことから、京都に来たことをずっと感じさせてくれる末の雰囲気が漂っています。

 しかし、最も主張したいことはここからです。時代が加速するように切り替わり、昨日まではやっていたものが今日になるともはや過去の産物になってしまうことこの現代に京都という町は非常に大きな意味を持つと思うのです。

 

 京都はある意味で時が止まった町です。繁華街は確かに栄えていますし飲食店や雑貨店、家電量販店もたくさんあり、経済的に栄え、ほかの都市と比べても遜色ない町です。しかし、繁華街を抜けると落ち着いた雰囲気のある住宅街や、京都御苑の広い空間そして京都の雰囲気とうまく融合した日本家屋、、、、、、何気ない日常の中で京都という場所は非日常を感じさせてくれる回数が多いように感じます。

 私は居酒屋でバイトをしていたころは、京都御苑のベンチで瞑想してから出勤するのがルーティーンとなっていました。せわしなく動く車や自転車、人そして社会、、、、、御苑に入った瞬間これらの時代の加速が止まり、見失いかけている本来の自分を取り戻せているような気がするのです。人には様々な人生があり考えていることも違うため、価値観がすべて合うはずがありません。しかし、時代の流れに逆らうことは難しいとほとんどの人が感じていることであり、ストレスがたまったときに自分本来のリズムを取り戻すことはストレス回避のために絶対必要です。京都というのは誰もが必要としているリズム調整を無意識のうちに行ってくれる町だと思います。

グローバル化が進み本来の日本人の心を失いつつある現代人。京都という町はそういった現代人に本来の日本人たる気質を思い出させてくたる町です。ですから私は京都に住み続けますし、何かの事情で京都を離れることになっても必ずここに戻ります。本当の自分を見失わないために。