心の日記

京都在住なので京都のネタを書く。

永観堂の紅葉はもうすぐです。~永観堂に行ってみた~

こんにちはgirihisaです。前回南禅寺の記事を投稿しましたが、その南禅寺と同じ日に紅葉見物のために永観堂に行ってきました。

 

 

実際に行ってみました

入口からもみじが出迎えてくれます。さすがにまだ紅葉していません。

しかし中に入ると所々紅葉が味待っているようです。やはり日本有数の紅葉スポットだけあってもみじの数が違いますね(笑)

一か所だけ赤くなった箇所を中心にして撮ってみました。こうしてとってみると青い部分の中に紅葉がある風景も鮮やかさとは違い、風情を感じさせてくれます。

こちらはそこそこ紅葉が進んでいます。グラデーションが美しいです。

こちらは色が比較的はっきりとしています。少し外国の感性を感じさせます。

遠近法でとってみました。落ち着きにある色です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。真っ赤に燃え上がるような鮮やかなもみじもいいと思いますが、部分的に色が変化していると周りとの色の対比が楽しめると思います。

今年は気温が急激に下がり始めているため、色づくのが少し早いかもしれません。

 

 

永観堂

住所 京都市左京区永観堂町48

📞 075-761-0007

アクセス 

🚌市バス 「南禅寺永観堂前」徒歩三分

🚇地下鉄東西線 蹴上駅 徒歩15分

 

拝観時間 9~17時(受付終了16時)

 

          一般     団体割引     

料金       600円    500円

小・中・高校生  400円    350円

 

正しくは禅林寺といい浄土宗西山禅林寺派の総本山。

有名な貯蔵物として「みかえり阿弥陀」、国宝の絹本着色山越阿弥陀図など多くの仏像を貯蔵しており、毎年11月に寺宝展を開く。また3000本のもみじが庭園を彩ることから古来より「もみじの永観堂」といわれる。