前向きの憂鬱

京都在住。ふとした激動を大事に。観光シーズンには観光地の紹介もします。

松尾大社の三つの庭

京都府左京区の有名観光スポット、嵐山の隣にある松尾大社は京都最古の神社でありその昔この地方に住んでいた人々が松尾山の神霊を祀って守護霊としたのが始まりです。 平安時代には当時の皇室からの厚い御崇敬を受け、一番高い格式の正一位の神階を受け、賀…

京都知恩院の三門

1621年に徳川秀忠の命によってつくられた知恩院の三門。その構造は江戸時代の特徴を残しており、五間三戸、二回二重門、入母屋造本瓦葺という同じ京都の南禅寺と同じ造りとなっています。 ※南禅寺の三門について gorihisa.hatenablog.com 知恩院の三門は…

冬の訪れ

治験で訪れていた福岡のここは博多区住吉神社前です。道路沿いのイチョウ並木は半分ほどの葉を落葉させ、秋の終わりを告げていました。しかしイチョウの落葉は本当に美しいです。主要な町の大通にはこのようなイチョウ並木が存在しますがそのほとんどが一斉…

個性って何ですか?? ※かなり偏った内容となっています

みんな違ってみんないいという言葉を聞いたことがあります。これはみんな違う個性をそれぞれ持っていてその中の長所を重んじようということです。最近アスペルガーやADHD(注意欠陥性多動性障害)という脳の一部機能障害が世間に知れ渡り、発達障害に対する…

北野天満宮で学業成就のお守りを買ってみた

学業成就。お参りすれば学問の神様が良い結果をもたらしてくれるものです。それは大学受験や資格試験ででなく、様々な技術の向上にも効果があることを誰も知りません。 私は神様は信じないが、、、 基本的には神様は空想上のものなので私は信じておらず、み…

縁結びは偶然じゃない

縁結び、実はあまり世間にその意味は知られていないのかもしれません。 実際のところ、縁結びはかなりあいまいな定義で使われています。人とのつながりを作る意味、恋人と出会うという意味、そして家族といつまでも仲良く、、、、、、、、、、、、、 しかし…

菅原道真ゆかりの地~北野天満宮~

北野天満宮は947年にに創設され、平安時代に学者、政治家として活躍した菅原道真公を祭られており、学問の神様としてあがめられています。 春になると梅の花が一面に咲き誇る梅林園、秋には豊臣秀吉により造園された史跡、御土居の紅葉が有名です。 菅原…

京都大原宝泉院の松

こんにちは。gorihisaです。 京都の大原で有名な寺は三千院と寂光院ですが、今回紹介するのは、宝泉院という庭園がきれいな寺院です。 宝泉院の起源は平安時代までさかのぼります。比叡山に天台仏教を開いた最澄の弟子、円仁が唐での修行を終え、帰国したの…

南禅寺という見どころの暴力

南禅寺の歴史は古く、1291年に亀山天皇が離宮禅林寺殿を営まれ、その後禅宗に帰依されて禅寺とされたことが始まりである。開山は大明国師、会期は亀山法皇、諸堂伽藍を完成させた二世南院国師を創設開山と仰いでいる。歴史上名高い僧侶たちが歴代住職と…

方丈庭園

清涼殿から見える禅院式の枯山水庭園である。この庭は巨石の姿から通称虎の子渡しと呼ばれており、石と江戸時代以降の木々を組み合わせ、一つの場所に集結させている。 日本の文化であるわびさびは、この様な余白を楽しむことが一つの特徴でありその趣は禅寺…

法堂

法堂(はっとう)は開山当初に建てられたfが、応仁の乱(1467~77)で焼失。その後1476年再建され、豊臣秀吉によって改築されたが1893年に焼失。現在の建物は1909年に再建されたものである。 法堂は法事や方式の法要が行われる場所としての機能…

三門

一般的に山門と書かれるが、正式名称がこれである。 三門の意味は、空門、無相門、無願門の悟りに通ずる三つの解説である。 1295年に西園寺実兼の寄進によって建設されたが、1448年に焼失。その後1628年に藤堂高虎によって大坂夏の陣の戦没者の…

南禅院

南禅院は鎌倉の末期に建てられた南禅寺発祥の地であり、当時の亀山天皇が禅宗に帰依され、出家して法皇となった際に離宮として建設されたのが始まりとされている。南禅寺の中でも最も歴史が古く、その佇まいは約700年の歴史を彷彿とさせるものである。 建…

天授庵

天授庵は南禅寺を開山したい大明国師無関普門禅師を祀る南禅寺の開山塔であり、南禅寺で最も由緒のある寺院です。本堂のは大明国師の等身大木像を安置しており、ふすまには桃山画壇の代表的人物である長谷川等伯の本堂襖絵が書かれています。 (残念ながら襖…

なぜ人々は京都に惹かれるのか

こんにちは。gorihisaです。ブログを始めてから京都市内を観光することが増えました。最近は紅葉特集という形で様々な寺社仏閣を紹介し、京都についての理解も深まっていくうちに京都のすばらしさをと奥ゆかしさにきずくことが出来ました。 最初に感じたのは…

貴船のライトアップ写真を白黒にしたらホラーになった

京都でも有名な紅葉スポット、そして避暑地でも知られる貴船神社。特に紅葉の時期は叡山電車から見るもみじのトンネルや夜のライトアップが美しく、連日観光客が後を絶ちません。 鳥居から山門までのこの灯篭の階段は貴船のシンボルでありよく雑誌やテレビで…

三度目の永観堂で感じたこと

永観堂、正式名称は浄土宗西山禅林寺派総本山禅林寺です。文化財としては、みかえり阿弥陀と呼ばれる首を左に傾げ、口を少し開いた珍しい観音様が有名です。※この写真は二か月前のものです。 高すぎる拝観料に愕然とする とにかく拝観料が高いのです。なんと…

三千院が陽なら寂光院は陰の観光地

京都の大原には三千院のほかに寺が三つ存在しますが、差の中でも寂光院は美しい紅葉で有名です。三千院から通りを挟んで徒歩十五分の所に寂光院があります。 一言でいうなら落ち着きがあるお寺です。三千院のように広い境内で人を幻惑させる雰囲気とは完全に…

鞍馬寺は復興中

最近、外国人観光客が増加している鞍馬寺、紅葉もかなり美しいく、夜のライトアップも盛んにおこなわれています。 朝八時ころの鞍馬寺です。朝日が差し込んでいます。 ケーブルカーへと続く石段は貴船神社を思い出します。 ケーブル乗り場の二回からはこのよ…

貴船神社の紅葉は独特の雰囲気を持つ

紅葉は色の付き方はどこも同じですが、それぞれのによって全然違った雰囲気となります。今日紹介する貴船神社も一味違った雰囲気を醸し出しています。 象徴的な景色がお出迎えをしてくれます。貴船神社は縁結びのご利益で有名で、ここをお参りすると新しい出…

やっぱり京都に行きたいと思ってしまう紅葉画像

三千院の紅葉は変幻自在

京都の名所、大原に建立された三千院。もともとは比叡山にあったとされています。 拝観料700を払い、中に入ります。 一つ目の見どころは、写真の聚碧園で池泉観賞式庭園です。この庭園は一面に広がる苔と、紅葉の赤が絶景を生みだします。池泉鑑賞式庭園…

涼やかなる南禅院

南禅寺には名勝三つあります。方丈庭園、金地院の鶴亀庭園、そしてこの南禅院の池泉回遊式庭園です。 このように池を中心として石や紅葉の配置を行っており 通称虎の子渡しと呼ばれます。11月8日の写真ですがまだ紅葉はないため、鮮やかではないですが、…

南禅寺の紅葉は山門と壮大な音色を奏でる

禅宗の中でも最も格式の高い南禅寺。この時期になると紅葉がきれいに色どります。 日本三大山門の一つである南禅寺の巨大な三門を背景にこのような風景が楽しむことが出来ます。 碁盤目状に道が作られ、その間に作られた紅葉が壮大な景色を織り成します。 す…

永観堂は人々を幻惑させる

久しぶりの投稿となります 京都も紅葉のシーズンを迎え、観光客も倍増しています 今日は京都の中でも有数の紅葉スポットである永観堂に行ってまいりましたので、写真をすべて張り付けていきたいと思います。 グラデーションが素晴らしいですね。 紅葉の数が…

自分はアスペルガーのグレーゾーンかもしれない

こんにちは、gorihisaです 久しぶりの更新です。 昨日一回目の治験が終わり、京都に戻ってきました。八泊九日という長い期間中で閉じ込められていたので久しぶりの外界に快感を覚えます。 今回ですが、最近世間一般でも知られるようになった発達障害に自分は…

神社の違い

貴重な文化財を保有していたり、最高の雰囲気を醸し出している場所であるにもかかわらず、あまり知られてない観光地というものが存在します。これらの観光地は情報が少ないため有名な場所よりも観光客が必然的に少なくなってしまいます。 しかし、そんな無名…

東寺の空間の特殊性

京都の代名詞ともいえる東寺の五重塔。その迫力は一目見ただけで人々を魅了し、京都に来たということを実感させてくれます。 遠くから見てもこの迫力です。東寺の境内に入るとわかりますが非常に隙間が多く、だだっ広いです。平地にこれだけ広大な敷地を持ち…

神社で願い事をする信仰心厚い人

信仰心とはいったい何なのでしょうか? 私は様々な京都の寺社仏閣を回り、本堂に祭られている仏像、そして日本神話に出てくる神に対して手を合わせてきましたが、最近本当に心を込めてお参りしているのかと思うようになりました。というのも本堂の前で適当に…

紅葉や桜だけに惹かれる人は、神社やお寺の観光に行かない方がいい。

こんにちは。gorihisaです。今日の記事は完全に主観なので、批判覚悟で書こうと思います。寺社観光を本格的に始め、最近になってようやくお寺の魅力がわかり始めてきたのですが、それと同時に魅力が分からない人に対してとても残念に感じる時があります。 そ…